サステナブルでおいしい食のマーケット   8月12日(土)13日(日)、東京・渋谷に構えるJINNAN HOUSEでサステナブルでおいしい食のマーケットが開催されます。その名も「エシカルフード・カタログ Supported by Johnnie Walker」   現在進行形でますます加熱するフードカルチャー。その先端をひた走る飲食店たちが一堂に会し、この日のために「エシカル」をテーマとした特別な料理を提供します。ドリンクには、当イベントサポーターである世界No.1*スコッチウイスキーブランド・ジョニーウォーカーを使ったサステナブル・カクテルをご用意。各飲食店のフードとのペアリングをお楽しみいただけます! (Photo by Kisshomaru Shimamura)   また塩塚モエカさん(羊文学)と按田優子さん(按田餃子)、宮下拓己さん(LURRA°)のスペシャルトークイベントや、廃棄となってしまう野菜で洋服を染色するワークショップ(要予約)も開催決定! 魅力的なコンテンツをぎっしりと詰め込みました。 その中のひとつ、この二日間限定で、普段はオンライン販売しているJINNNAN HOUSEのエシカル商品が実際に手に取れるPOPUPショップがオープンします!店舗に並ぶ商品をいくつかご紹介しましょう。   温かみあふれるマンゴーウッドのカトラリー   マンゴーウッドシリーズ    ...

東京は渋谷から電車で20分、二子玉川からは2駅の場所にある東急大井町線等々力駅。2022年6月28日、そのホーム内に突如と現れたミントグリーンのエキナカショップ『HANAKO STAND』には、訪れるすべての人の毎日に向けた、ちょっとよい未来の選択が詰まっていました。

本店舗をプロデュースするのはマガジンハウス社のライフスタイル誌『Hanako』。ショップ内は駅ホームで毎日の買い物が楽しめる「定番棚」と、誌面と連動した「特集棚」で主に構成されており、『Hanako』に掲載された商品を実際に手に取って見ることもできるんです。

わたしたちにとって駅のホーム上の売店は、いつでも気軽にふらっと立ち寄れる場所。その場所が「電車を待つちょっとした時間」「行き帰りの途中」「お出かけのついで」などで、わたしたちに気づきを生んでくれるとしたらどんなに素敵なことでしょう。