宝瓶、湯呑2個セット

by こしらゑ

¥11,000
税込

宝瓶、湯呑2個セット


400年以上の歴史を誇る焼物の産地、長崎県波佐見町の職人によって丁寧に作られています。
宝瓶とは、取っ手の無い急須のこと。
その為、主に玉露、かぶせ茶、手揉み茶などの高級茶葉を低温で淹れるのに適しており、旨味をゆっくりと引き出し、美味しく飲むことができます。

気分や雰囲気を変え、丁寧にお茶を淹れる急須の一つとして、日本人の繊細な心遣いを感じる茶道具として重宝されています。
なお、お茶を飲むだけでなく最後はお出汁やポン酢、すだちを少量垂らして、その茶葉の栄養を余すことなく食します。

日々の中で、ふとした時間にゆったりと丁寧にお茶を淹れる。そんな一休みはいかがでしょうか。

サイズ
宝瓶:W113×D110×H70mm
湯呑:φ74×35mm 40ml×2
桐箱:W121×D91×217mm
容量:120ml

生産地:日本 長崎県波佐見町
素材
宝瓶:磁器
湯呑:磁器
桐箱:桐・真田紐

[こしらゑ]
古くから親しまれている素材や伝統的な技術を生かした日本が誇る「ものづくり」。
そこから生み出された日本製のオリジナル和雑貨は、こだわりが凝縮されたブランド「WDH」の商品として国内はもちろんのこと海外でも販売されております。
WDHの商品と職人技が光るセレクト商品として「こしらゑ」がございます。