飲み屋のグラスと酒受皿

by 松野屋

¥2,200
税込

東京の酒場で現在も使われている厚口グラス。丈夫で保温性も高く、業務用としての日本のオリジナルグラス。どっしりとして、持ちやすい厚口で丈夫なグラスは、東北で作られる素朴なガラス製品。受皿にあふれるほど並々と冷酒を注ぐ、そんなシーンが目に浮かぶ昔ながらの厚口グラスです。グラスの原型のような真っ当なフォルムと素材感が際立った、あたたかみのある日本のテーブルウェアの永遠のスタンダード。

サイズ:直径6.1×高さ9.1cm
容量:110ml
素材:ガラス
生産:日本

注意事項:ひとつひとつ手作りのため、気泡が入っている場合があります。グラスの底面に製作工程上できるガラスのシワがある場合があります。予めご了承ください。

[松野屋]
1945年創業の自然素材を中心とした生活道具をあつかう、荒物問屋(荒物=簡単なつくりの日用品)。国内やアジアの町に直接足をはこび、町工場や農家などで作られる日用品などを仕入れると同時に、オリジナル商品を開発してきた。今の暮らしにちょうど良い、「ベストでもベターでもない、ナイスなものづくり」から生まれる暮らしの道具たちとの出会いを、演出している。